--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育児ブログ・ランキング ブログランキング・にほんブログ村へ  
☆ ランキング参加してます。↑もしよろしければ、クリックお願いします♪
2011/02/16(Wed)
ずっとサボリ気味だった「今日のホンダナ」をブログパーツとして貼り付けました。

読書メーターで、日々の読書記録をつけていきます。

感想とかあんまり書かないかもしれないけど、気になる本があればクリックしてみてください。(amazonの本紹介ページに飛びます)

最近、子ども達と図書館に行くのが休日のお決まりとなっています。
子どもが読んだ絵本も記録していこうかな。
スポンサーサイト

育児ブログ・ランキング ブログランキング・にほんブログ村へ  
☆ ランキング参加してます。↑もしよろしければ、クリックお願いします♪
2009/11/20(Fri)
久しぶりの「今日のホンダナ」です。
いっぱい読んだ本はあるのですが、なかなか記事に出来てません・・・。

久しぶりなんで、二冊ご紹介します!

百貨店ガール百貨店ガール
(2009/03)
新村 美希

商品詳細を見る


まずは1冊目「百貨店ガール」です。
著者は日本橋高島屋のご案内係。
仕事の内容やなぜこの仕事を選んだか、目指す目標など。
知ってるようで知らなかった百貨店のサービスを知ることが出来ました。

女の子が一度は憧れたことがあるデパガ。
最近は不景気の影響で百貨店業界も暗いニュースが多いですが、働いている方は高い目標をもって
日々努力されているんですね。

続いては・・・

新幹線ガール新幹線ガール
(2007/03)
徳渕 真利子

商品詳細を見る


同じ「お仕事ガールシリーズ」(勝手に命名)の「新幹線ガール」です。
こちらの著者は東海道新幹線の新幹線パーサー。
入社していきなり、全社員300人の売り上げトップになられたそうです。

どうして売り上げトップになったか、自分でも分からないと書かれていましたが、その理由は「新幹線が好き。この仕事が好き」という気持ちからでしょうか。
お客様に出来る限りのサービスをしようと奮闘している姿は好感が持てます。
普段、新幹線にはほとんど乗りませんが、乗ってみたい!と思わせる本でした。

今回紹介した本の著者は、お二方とも「この仕事が好き」という気持ちが伝わってきます。
お客様に気持ちよく過ごしていただきたい。そのためには自分の仕事に誇りを持っていないとできません。

今の仕事柄、いろんな業界や職種のお話を聞く機会が多いので、こういった本は読んでいて楽しいです。
一緒に仕事してるような感覚になります。(日本橋高島屋も行ったことないけど、東海道新幹線も乗ったことないけど、なんか親近感・・・)

このシリーズはまだ何冊か出ているようなので、読んだらまたご紹介します。



育児ブログ・ランキング ブログランキング・にほんブログ村へ  
☆ ランキング参加してます。↑もしよろしければ、クリックお願いします♪
テーマ:オススメの本の紹介
ジャンル:本・雑誌
2009/09/03(Thu)
エラいところに嫁いでしまった!エラいところに嫁いでしまった!
(2006/05/19)
槇村 君子

商品詳細を見る


私自身、できちゃった婚(今風に「授かり婚」?)なので、いわゆる段階を踏んで~みたいな結婚じゃなかったからか、この本はとっても勉強になりました。

本当にドラマのような話です。(と思ったら同名ドラマの原作でした!)

こんな実家、大変だろうな~。私だったら逃げ出しちゃうかも・・・。
ちなみに、うちは旦那の実家とは疎遠(というか絶縁?)なので、嫁姑バトルみたいなのは経験したことがありませ~ん。
そのかわり、私の実家とは交流が密なので、旦那のほうが大変だったりして。(基本、仲はいいんですけどね)

..

育児ブログ・ランキング ブログランキング・にほんブログ村へ  
☆ ランキング参加してます。↑もしよろしければ、クリックお願いします♪
2009/08/03(Mon)
タクシー王子、東京を往く。―日本交通・三代目若社長「新人ドライバー日誌」タクシー王子、東京を往く。―日本交通・三代目若社長「新人ドライバー日誌」
(2008/05)
川鍋 一朗

商品詳細を見る


久しぶりの今日のホンダナです。
紹介したい本がたくさんあって、追いつきません(ただサボってるだけ)

今回は日本交通の3代目社長 川鍋一朗さんが書いた本です。

以前にテレビで拝見したことがあって(たぶんカンブリア宮殿)そのときは、「おじいちゃんが作った会社を孫が継いだのね。ふーん。」くらいにしか思わなくって、川鍋社長を見ても「育ちのいい、お坊っちゃん・・・」という印象しかもたなかったのですが、(はっきり言ってあんまりいい印象じゃなかったです。ごめんなさい~)本を読んでその考えが180度変わりました。

本の内容は、会社を良くするために、社長自らイチ乗務員となってタクシーに乗務した1ヶ月間の様子を書いています。
最初は社内からの反対や「パフォーマンス」などと反発も受けます。

私も「社長が乗務員になるって言っても、1、2時間ちょっとだけ乗ってエラソーに『タクシーとは』みたいな理想論を語るんだろう」と思ってました。(どんだけ悪い印象持ってるんでしょ。私。)

ところが、実際は特別待遇一切なし。社長という肩書きを完全に取って、新人乗務員として勤務しています。
しかも道がわかんなかったり、料金を踏み倒されたりするその様子を包み隠さず書いています。

読んでいて、なんだか川鍋さんのタクシーの社内に一緒に乗っている感覚でした。
あんなに印象悪かったのに、一気に川鍋ファンですよ。

久々に「読んで面白かった!」といえる一冊になりました。

育児ブログ・ランキング ブログランキング・にほんブログ村へ  
☆ ランキング参加してます。↑もしよろしければ、クリックお願いします♪
2009/07/06(Mon)
貧乏人の逆襲!―タダで生きる方法貧乏人の逆襲!―タダで生きる方法
(2008/06)
松本 哉

商品詳細を見る


タイトルに「タダで生きる方法」なんてあるから、節約本かな~っと思ってましたが、まったく予想を裏切る本でした!

最初は、いかにお金をかけずに生活するか、という方法が書いてありますが、中盤から「世の中(金持ち?)に物申す!」的な内容になってきてびっくり。
「貧乏人からカネを巻き上げるお金持ち(商業主義)」に対して、メチャクチャやっちゃってます。(セレブの象徴六○木ヒルズでクリスマスに路上で鍋やろうとしたり、爆音デモ行進とか、あげく選挙出馬したり・・・)

こんなことやっても大丈夫なの?って心配になるくらいカゲキな内容もありますが、根底にある「面白いことしよう!」っていう著者のポリシーが伝わってきて、暗くならず非常に面白かったです。(特に大学生時代の話はサイコー!)


なんとなく「人生を楽しむ」って大事なことを思い出させてくれた1冊です。

育児ブログ・ランキング ブログランキング・にほんブログ村へ  
☆ ランキング参加してます。↑もしよろしければ、クリックお願いします♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。